MENU

診療科・部門 事務部門

事務部門の概要・特徴

事務部は、病院の管理部門として、事務長トップに機能しています。
官公庁への届出申請、医療行為を行う患者様の応対や診療のサポート、診療報酬の請求、職員の人事および労務管理、健全な経営を図る財務会計、施設の維持・管理等、多岐にわたる業務を行い、組織を動かす潤滑油の役割を担っています。
よりよい患者サービスの提供、効率的な病院運営が図れるよう、管理的・補佐的な業務を行い、患者様に選ばれるより良い病院作りを目指して、事務部全体で取り組んでいます。

サンプル

総務

業務内容
  • 公的機関及び各種団体等の各種申請届出、調査など
  • 各種業務の企画・調査、資料作成、準備等の業務
  • 財産取得、管理及び処分に関する業務
  • 文書の収受、発送、整理及び保管に関する業務
  • 各種報告、及び日誌に関する業務
  • 委託業務の管理に関する業
  • 院内の警備・安全管理、設備・備品の管理、修繕に関する業務
  • 物品(薬品を除く)の発注、購入、出納及び保管に関する業務
  • 会議・各種委員会、及び会合に関する業務及び、調整業務・臨床研修医に関わる事務的業務
  • 事務職員の配置、勤務に関わる事務部体制調整に関する業務
  • 車両の運行に関する業務 各種情報の収集、配信業務
  • 病院情報の広報に関する業務 その他、他課に属さない一切の業務

 

労務

業務内容
  • 労働関連法令・人員配置などの各種施設基準の適切な労働環境づくりをする
  • 所定労働時間、時間外労働、有給休暇取得率、職種別離職率離職理由等の実情分析
  • 各部門の業務量に応じた適切な職種および人員の配置
  • 時間外労働時間、オンコール体制や休暇の計画的付与などを把握する
  • 就業規則、給与規程の周知及び必要に応じて改定就業規則等は労働基準監督署に届ける
主な内容
  • 就業規則、給与規程 人事管理規程(採用、昇進・昇格、異動)
  • 短時間労働者(就業規則、育児・介護休業、再雇用制度)関係
  • 離職率、有休消化率のデータ管理 離職防止策の事例
  • 職種別の就業状況の把握できるデータの管理
  • 管理人事考課規程管理 安全衛生委員会に毎月1回出席する。 職員定期健康診断の受診は法的な義務であり、約100%健康診断を受診。
  • 採用時の健診の実施、全職員に対する年1回以上の定期健診の実施。
  • 放射線被曝に関係する職員、夜勤を行う女子職員は6ヶ月に1回の健診の実施。
  • 非常勤の医師については、主たる勤務先で健康診断が行われていることが確認する。
  • 労災保険適用の手続き 予防接種の実施状況の管理職員の福利厚生の管理・慶弔見舞金制度手続き
  • 労働協約や保安協定が、時間外労働に関する「労働基準法第36条」に基づいた協定を正しく締結され、 労働基準監督署に届ける

 

会計

業務内容
  • 外来窓口業務(診療費の受け渡し、医療費の一部負担金の受け取り、入院保証金の受け取り、領収書発行業務など)外来治療費の未収管理
  • 入退院の会計事務手続き(入院診療費会計業務、入院診療費の入力業務、入院診療費の未収管理)
  • 債権管理に関する業務 現金出納管理に関する業務 租税に関する業務
  • その他会計に関する業務

 

医局秘書

業務内容
  • 医師の補佐業務(白衣交換、説明会等の準備、出張申請処理、アポイント受付・確認、振込処理、医師当直表・電話連絡表等の作成、医師宛郵便物処理 など)
  • 医局内の環境整備
  • 医師当直室の環境整備
  • 医師の事務的補佐業務

 

医事課

外来

業務内容
  • 外来患者様の受診に関する業務(総合案内、受付事務、カルテの作成、予約カルテ準備・搬送・管理、労災・自賠責保険の諸手続き、各種証明等外来受付・諸手続き、外来診療費の計算入力 など)
  • 外来診療報酬請求書の作成及び請求事務業務
  • 外来医事に関わる諸統計に関する業務
  • その他、外来請求事務に関する業務

入院請求

業務内容
  • 入院診療費に関する業務(入院診療費の計算、請求書作成、その他請求事務業務)
  • 入院患者様に関する診療報酬請求書の作成及び請求事務業務
  • 入院患者様の医療費等の証明に関する業務
  • 入院医事に関る諸統計に関する業務
  • 入院請求事務に関する業務

医療・福祉サービス

業務内容
  • 生活保護に関する業務
  • 労働災害・事故に関する業務
  • 各種医療証に関する業務
  • 医療券に関する業務

 

病棟クラーク

業務内容
  • 入退院患者様の請求事務、各種伝票の処理
  • 入院患者様の入退院時の事務手続きに関する業務
  • 入院患者様の診療録・フィルムなどの整理・管理に関する業務
  • 面会者への案内に関する業務
  • 当該病棟における事務用品の整理・保管・管理に関する業務
  • 書類の取次ぎ(受付から病棟に回ってくる書類、診断書、入院書類 など)
  • 看護師の事務補助業務
  • 病棟事務に関する業務
目標
  • 医師、看護師がスムーズに作業できるよう、サポートする
  • 看護師の働きやすい、環境を作る
  • 迅速、かつ正確に業務を行う
  • 抜けなく熱計の記入を行う
  • 笑顔で対応する

 

救急受付

業務内容
  • 救急隊や個人または近隣病院よりの依頼を受け症状などを確認した後、各診療科の救急当番医もしくは対応可能な医師に取次ぎをし、受け入れの可否を確認する。
  • 救急患者が到着するまでにカルテ・診察券・必要な書類の準備をし、到着の際に付添いの家族様又は患者様本人が対応可能なら受付をしていただく。
  • 救急車などで来院をされ同乗者がいらっしゃらない場合は、情報を集め家族様へ連絡を行い来院を促す。
  • 診察後外来にて帰宅可能と診断された患者様に関しては受付簿・保険証のコピー・受付時に得た情報を外来請求に引継ぐ。
  • 夜間帯の場合は精算ができないため、一時預かり金の説明を行い、徴収後帰宅いただく。
  • 入院が必要な患者様には入院カルテなどの必要な書類と情報入力を行い、救急外来からの指示のもと入院説明を行う。
  • 予約入院対応を行う。
  • 外来受診時に予約入院が決まった患者様に事前に入院説明を行い当日ご用意いただく書類や身の回り品の説明を行う。この際に個室希望の有無の確認も行う。
  • 入院当日はご用意いただいた書類の内容を確認し、お持ちいただいた薬品の確認を薬局に依頼し病棟に到着連絡を行った後、病棟までご案内する。
  • 入室までに検査を行う患者様の場合、同行し検査終了後病棟にご案内する。
  • 患者様が入室後、情報入力を行い受付簿・保険証のコピー・受付時に得た情報などを入院精算に引き継ぐ。
救急受付事務 業務目標
  • 心臓血管センター設立に伴い、増加する救急患者に対応するべく業務の簡略化を図り一件当たりに必要な業務時間の短縮を行う。
  • 施設改築による患者様、家族様への精神的な負担を軽減接遇を行う。

 

診療支援室

診療支援室は病院長直轄の部署として位置づけられています。

診療録管理担当

  • 診療録の記載内容不備などを医師や看護師、コメディカルへフィードバックをし診療録を整備
  • 診療録の保管管理基準や診療録取扱規程に従いダーミナルデジット方式による保管管理の実施
  • 退院サマリー作成状況の把握と14日以内作成率100%を目標とした啓蒙活動
  • 診療録開示申請の受付及び対応処理業務
  • 退院診療録の貸出管理業務
  • KPIなどの統計データ作成業務

医師事務補助者

  • DPCコーディング支援システムへの代行入力
  • 介護保険主治医意見書、生活保護要否意見書、生命保険診断書、交通事故診断書などの書類作成補助業務
  • 医師のカンファレンス準備、出張及び当直などの把握などの秘書業務
  • 学会発表、症例研究用資料の収集業務

各種お問い合わせ

06-6696-5591

受付時間
月〜土 9:00~17:15 (祝祭日を除く)

外来診療受付

受付時間
月〜金 8:30~16:30 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

  • 診療受付時間
    【診療時間】 月~金 9:00~17:00
    【受付時間】 月~金 8:30~16:30
  • お見舞いの方:面会時間
    【平日】 15:00~19:00
    【休日】 13:00~19:00

大阪市住吉区苅田7丁目11番11号

TEL06-6696-5591

FAX06-6607-1993

カーナビゲーションシステムをご利用になって当院へご来院される際には、必ず住所検索を用いてください。電話番号検索をご利用になると当院とは別の場所へ案内されてしまうおそれがあります。