北風政史医師が参画した国際共同治験が共著者論文として「The New England Journal of Medicine」に掲載されました。

北風政史医師

元阪和第二泉北病院 院長(現阪和病院 阪和記念病院 統括院長・総長)の北風政史医師が参画した国際共同治験の論文「SGLT2阻害薬であるダパグリフロジンが心臓収縮性の軽度低下または保持された心不全を改善するか否かの検討」が、学術誌「The New England Journal of Medicine」に掲載されました。

 

【要旨】

本臨床研究は、糖尿病治療薬の一つであるSGLT2阻害薬ダパグリフロジンが、全世界2 0 か国3 5 0病院・大学における国際共同臨床研究(DELIVER試験)において、心臓収縮性の軽度的かまたは保持された心不全症例に対して心不全改善作用があることを証明したものであり、2022年8月27日ヨーロッパ心臓病学会で発表され世界で最も権威のあるニューイングランドジャーナルオブメディシン(The New England Journal of Medicine、インパクトファクター: 91.245 )に同時掲載された。北風政史医師が我が国における治験責任医師として参画して、本論文の共著者となっている。

 

錦秀会では今後も、治験や臨床研究を進め、医学の発展に貢献してまいります。

 

論文はコチラよりご確認下さい。

一覧へ戻る