ケミカルピーリング

薬剤を肌に塗り、古い角質や表皮などを取り除く治療です。

ケミカルピーリング ケミカルピーリング

こんなお悩みありませんか?

  • 毛穴のつまり、ザラつきが気になる
  • ニキビが繰り返しできる
  • ニキビ跡がきれいにならない
  • 肌のくすみが気になる
  • 色素沈着を改善したい
  • 肌トーンを明るく、美白になりたい
  • ハリ、弾力をアップしたい

ケミカルピーリングとは

  • ターンオーバーを活性化

    ケミカルピーリングとは、薬剤を肌に塗り、古い角質や表皮などを取り除く治療です。本来、健康な肌は約28日周期で肌が生まれ変わりますが(ターンオーバー)年齢とともにこの周期が乱れ、肌表面に残った古い角質が溜まっていきます。それらにより、角質層が厚くなり、くすみ・ニキビ・小じわなど様々な肌トラブルが発生します。ケミカルピーリングで使用する薬剤は、肌のターンオーバーを活性化し、それらのトラブルを軽減させます。
    また古い角質層が取り除かれた後には新しい角層の生成が促され、毛穴のつまりなどが改善されます。これにより健康で美しい皮膚を取り戻そうとする治療です。

    ケミカルピーリングとは、薬剤を肌に塗り、古い角質や表皮などを取り除く治療です。本来、健康な肌は約28日周期で肌が生まれ変わりますが(ターンオーバー)年齢とともにこの周期が乱れ、肌表面に残った古い角質が溜まっていきます。それらにより、角質層が厚くなり、くすみ・ニキビ・小じわなど様々な肌トラブルが発生します。ケミカルピーリングで使用する薬剤は、肌のターンオーバーを活性化し、それらのトラブルを軽減させます。
また古い角質層が取り除かれた後には新しい角層の生成が促され、毛穴のつまりなどが改善されます。これにより健康で美しい皮膚を取り戻そうとする治療です。

肌ピーリング剤には、肌表面の古い角質を取り除くことで、肌トラブルを改善する効果があります。肌の表面を剥離することで、肌質が改善され、明るく透明感のある肌になります。また、シミやそばかす、小じわや細かなシワ、ニキビ跡を改善する効果が期待できます。さらに、毛穴を引き締め、肌のキメを整える効果もあります。

クリニックのケミカルピーリングの特徴

  • AHAジェル(リンゴ酸・乳酸・クエン酸・グルコール酸)

    古い角質の剥離、皮膚組織への水分保持をもたらし、皮膚の新陳代謝を活発にします。

  • ラクト(乳酸・グリコール酸・リンゴ酸・クエン酸)

    チロシナーゼ活性を抑制し、コラーゲン・エラスチンを活性化することで水分量の保持力が向上し、保湿も可能です。

  • 中和剤(ニュートラライザー)

    酸を塗布すると皮膚のPH値が弱酸性から酸性へ傾きます。ピーリング後、きちんとPH値を正常なPH値まで戻す必要があります。ニュートラライザーは、酸の溶剤を不活性化する中和剤です。短時間の中和が可能となります。

施術について

  • 治療期間について
    前回の治療から2週間以上間隔を空ければ再度受けることができます。ケミカルピーリングは治療を複数回行うことにより徐々に効果があらわれる治療です。効果には個人差がございます。
  • 乾燥
    ピーリングをした後の肌をそのまま放っておくと、普段よりも乾燥しやすくなります。それは角質層を取り除いたことにより起こる現象です。肌は乾燥を強く感じると、過剰に新しく角質を作ろうとしてしまいます。ピーリング後はしっかりと保湿を行い、肌を保護するよう心がけましょう。
  • ひりひりとした痛み・赤味の出現
    ピーリング剤によっては、治療後ひりひりとしたり赤味が出たりすることもあります。そのようなときには水に濡らしたタオルなどを使用し患部を十分に冷やして下さい。
  • 紫外線対策
    ピーリング後は紫外線の影響を受けやすいため、十分な紫外線対策を行ってください。