臨床研究についてClinical Trials and Studies

実施中の臨床研究に関する情報公開・オプトアウトについて

 

医療法人錦秀会では、今後の医療の発展につなげるため、診療で得た情報や試料を使って臨床研究を実施しています。これらの研究は医療法人錦秀会の研究倫理審査委員会で承認されています。臨床研究の中でも、国が定めている倫理指針に基づいて、対象患者さまやご家族から直接同意をいただかないものがあります。その研究については、あらかじめ内容をホームページで公開して、患者さまやご家族が情報や検体を使うことを拒否できる機会を設けています。これを「オプトアウト」といいます。ご自身またはご家族の診療情報や試料を研究で使ってほしくないとお思いになられた方は、各研究の担当者までご連絡ください。現在医療法人錦秀会で実施している研究については、以下でご確認ください。

 

 

絞り込み検索

  • 研究内容から探す

  • 病院から探す

  • 部門から探す

研究一覧

全12件の臨床研究 全2ページ中/1ページ
研究課題 部門 研究責任者 実施医療機関
オプトアウト対象
炎症性腸疾患患者治療成績の検討
伊藤 裕章
インフュージョンクリニック
脳神経外科疾患を対象 とした遺伝子多型解析に基づ くリスクモデルの構築、および分子機構の解明
脳神経外科 藤田 敏晃
阪和記念病院
グリオーマにおける化学療法感受性の遺伝子指標の検索とそれに基づくテーラーメード治療法の開発
脳神経外科 梅原 徹
阪和記念病院
オプトアウト対象
経皮的脳血栓回収術中に生じたシース閉塞に対するVacuum-Assisted Deliveryof Thrombus(VADT)法の有用性
脳神経外科 梅原 徹
阪和記念病院
オプトアウト対象
心エコー未経験者に対するVisual EFのトレーニング効果
臨床工学部 胡 亮太郎
阪和記念病院
オプトアウト対象
血液透析中のCPAP療法による効果
臨床工学部 兪 振翔
阪和記念病院
問診データによる疾病診断アルゴリズムの正確度検定に関する研究
内科 櫃本 竜郎
阪和記念病院
オプトアウト対象
AI疾病発症予測健診受診者の疾病発症確率同定を介した行動変容による病態改善・疾病発症抑制効果
内科 櫃本 竜郎
阪和記念病院
新たな大腿骨ステムを用いた人工股関節置換術における術後経過観察
阪和人工関節センター 金 光成
阪和第二泉北病院
オプトアウト対象
胃食道逆流症患者における経管栄養不耐症発生頻度に対する乳精ペプチド消化態流動食の意義に関する検討
栄養部 西田 睦美
阪和第二泉北病院

 

臨床研究支援事務局について

臨床研究支援事務局では、医療法人錦秀会における医学系研究全般の実施支援を行っております。
臨床研究実施をお考えの方や各種研究に関するご相談は下記までどうぞご連絡下さい。

 

医療法人錦秀会
医務局 局長 ・ 医学研究開発部 部長 北風 政史
医学研究開発部 医学研究支援課 臨床研究支援事務局 井原 智美

 

〒558-0011 大阪市住吉区苅田9丁目14番25号 阪和記念会館2階
TEL:06-6696-3150(直通)内線:726-8225
Email: ihara.satomi@kinshukai.ablstd.jp