toggle navigation

MENU

toggle navigation

MENU

新着情報

錦秀会グループサイト

 部門のご案内

阪和病院 栄養部のご紹介

「やさしく“生命(いのち)”をまもる」をお食事で実現します。

阪和病院栄養部は1957年に阪和病院設立後、「やさしく“生命(いのち)”をまもる」の法人理念の下、入院患者様に、お正月、クリスマス季節の行事やお祝い事など、食事を療養生活の楽しみにしていただきながら栄養を満たしていただく工夫をこらしています。
管理栄養士は、病棟で嗜好や食事中の喫食状況を確認しながら献立の作成を行い、調理担当と力をあわせ笑顔で「おいしい」と言っていただける食の提供を目指しています。また、研修会の参加や栄養情報を部内勉強会で共有しながら日々研鑚に努めています。
 栄養指導について、外来は予約制、入院は随時受け付けますのでお気軽にお問い合わせください。
衛生管理では、大量調理マニュアルに沿ったHACCPの概念に基づき、安全安心な食事の提供に努めています。患者様の栄養状態や食事喫食状況を身近で確認、病棟スタッフ連携により個別に対応させていただいています。食事に関することはお気軽にお問い合わせください。

お食事について

献立ギャラリー

栄養部では各部門と連携し、患者様の噛む・飲み込む機能に応じた食事形態をご用意しています。
食事を楽しんでいただけるように工夫をし、四季折々の行事にはメッセージカードを添え食事を提供しています。

  • 常食
    常食 患者様の噛む・飲み込む機能に応じてきざんだものやペースト状・ゼリー状などをご用意しています。
  • 嚥下食
    燕下食

    飲み込みやすいようにペースト状にしています。目と舌で楽しんでいただけるよう工夫をしています。

お祝い膳

 70歳(古希)、88歳(米寿)、100歳(上寿)のお誕生日にお祝い膳を提供させていただいています。

  • 常食
    常食

    普通形態のお祝い膳の一例です。

    小鯛の塩焼きや赤飯の膳をご用意しています。

  • 嚥下食
    嚥下食
    ペースト状のお祝い膳の一例です。
    お魚をムース状に調理し鯛風に仕上げています。

衛生管理について

患者様に配膳される食事の衛生管理については万全を期しています。大阪市より優秀標を毎年いただいています。大量調理マニュアルに沿ったHACCPの概念に基づき、安全安心な食事の提供に努めています。

患者様との関わり

管理栄養士の仕事は、個々の患者様に適応した献立を用意するだけでなく、ベッドサイドにお伺いして口の中や皮膚状態などの観察を行います。栄養摂取が治療に大変重要なことから飲み込みやすさや味付け、嗜好などの聞き取りをします。
また、患者さまの特別なお誕生日(古希、米寿、上寿)など一緒にお祝いさせていただきます。「やさしく生命(いのち)をまもる」の理念の下、医療チームの一員として日々研鑽しています。