toggle navigation

MENU

toggle navigation

MENU

新着情報

錦秀会グループサイト

 部門のご案内

阪和病院 リハビリテーション部のご紹介

阪和病院 リハビリテーション部

施設基準

運動器(Ⅰ)・脳血管疾患等(Ⅰ)・廃用症候群(Ⅰ)

療法区分

理学療法(PT)・作業療法(OT)・言語聴覚療法(ST)

リハビリスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)は医師からの指示のもと、患者様に合わせたリハビリテーションを提供しています。
「身のまわりのことができるようになった」「活動範囲が広がった」「食を楽しめるようになった」「体が軽くなった」等々。ご本人様や周囲の方々と一緒に感動できることを目指しています。
家族様からのご要望があれば「介助方法」などの提案もさせて頂きます。

理学療法(PT)

理学療法(PT)

理学療法では、起きる・立つ・歩くなど、生活の基本となる動作の練習を行っています。
歩行器や平行棒などを使用し、患者様の能力のステップアップを目指しています。

作業療法(OT)

作業療法(OT)

作業療法では、日常生活がスムーズに行えるよう、患者様にあった練習を行っています。(食事・整容・排泄・更衣など)
入院生活を楽しく過ごして頂けるよう、他の患者様との交流の場を提供しています。

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法では、主にコミュニケーションや飲み込み、高次脳機能(記憶や注意力など)に関する練習を行っています。
口腔ケア(口の中を綺麗にすること)にも力を入れ、誤嚥性肺炎の予防に努めています。

活動紹介

院内研修の実施

「患者様の身体への触れ方」「皮膚剥離などの事故を減らす移乗方法」といった院内研修を看護師や介護士へ向けて行い、職員のスキル向上に貢献しています。

安全・安楽な姿勢の検討や提案

不適切な姿勢は、拘縮(関節が硬くなること)や褥瘡(床ずれ)、浮腫(むくみ)など体への負担に繋がる恐れがあります。
患者様に適した姿勢を検討し、病棟スタッフへの提案や伝達を行っています。

他職種との連携

委員会(NST(栄養サポートチーム)や褥瘡委員会、摂食委員会)を含め様々な場面で、看護師、管理栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカーとの連携を図り、患者様へよりよいサービスの提供に努めています。

退院前カンファレンス(話し合い)への参加

患者様が退院される際には、必要に応じて退院前カンファレンスに参加し、退院後も充実した毎日を過ごして頂けるよう、安全な動作方法などをお伝えしています。

地域の皆様との交流

住吉区主催の住吉祭りに参加させて頂き、体操を一緒に行うなど、入院患者様や家族様だけでなく、地域の皆様との交流も大切にしています。