MENU

各部門のご紹介Department

薬剤部Pharmaceutical

「やさしく生命(いのち)をまもる」の理念の下、医薬品適正使用を推進し、患者様・家族様に安心していただける医療の提供に努めています。
薬剤師は外来薬局、入院薬局、DI室、病棟と院内の様々な場所で「医薬品のあるところに薬剤師あり」をモットーに活動しています。

主な業務

外来調剤

当院は、外来処方箋を病院内で病院薬剤師が調剤し、お渡ししています。
当院で処方されているお薬の説明はもちろん、他の医療機関で処方されているお薬との相互作用や、愛用されているサプリメントとの飲み合わせなど、様々なご質問にお答えしています。
また、患者様によってはきちんと服薬していただくため、一包化調剤をしています。

内服調剤

全ての患者様に原則一包化調剤をしています。
調剤前に処方監査として、病名の確認、年齢・体重・検査値に応じた用量であるかの確認、相互作用の確認、更に患者様が服用されやすい剤形であるかの確認を行います。

サンプル

注射調剤

注射処方箋ごとにセットしています。
投与量、投与速度、投与ルート、配合変化、相互作用などを確認して調剤しています。
高カロリー輸液は薬局内のクリーンベンチで無菌調製をしています。
TDM対象薬剤については投与量・投与方法や血中濃度の測定時間の提案を行います。

サンプル

DI(医薬品情報管理)

医薬品に関する情報の収集と整理を行い、院内医療従事者に対し月1回「DIニュース」、緊急時は随時「臨時DIニュース」を発行し情報提供を行っています。
また患者様や医師、看護師などの医療スタッフからの問い合わせに対応しています。

病棟業務

薬剤師は受持ち病棟制で、持参薬の確認から服薬指導、退院時薬剤情報管理指導を行っています。
処方された薬剤が適正か、相互作用はないか、適正に使用・服用されているかを確認し、患者様へはお薬の作用・副作用などの説明と、副作用の確認を行います。
TDM対象薬剤の処方では、検査値から投与量の検討を行います。

サンプル

チーム医療

多職種のメンバーで構成されている栄養サポートチーム(NST)、院内感染対策チーム(ICT)、褥瘡対策チームなどのチームの一員として活動しています。
薬剤師の専門的知識を活かし、病院全体の医療の質の向上に貢献しています。

サンプル

学生実務実習

年間6名の薬学部の学生実習を受け入れています。
11週間、当院だけでなく系列の4病院を含め、8疾患に関する実習を行います。
その他、PETやホスピス、人工透析などの見学もあります。

その他

当院の採用薬は約650種類で、それら薬剤の購入・保管・在庫管理を行い、安全に使用していただけるように努めています。

勧めている事

自己研鑽

薬剤師は時代に即応した医療需要に応え、薬剤師として必要な責務を全うするため、生涯にわたって研修などによる自己研鑽に努めなければなりません。
薬剤部では学術雑誌への論文の投稿、学会発表、研修会・講習会への参加を推奨しています。

  • 日本病院薬剤師会日病薬病院薬学認定薬剤師
  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師
  • 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師
  • 日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士
  • 日本健康・栄養システム学会栄養サポートチーム研修修了者
  • 日本老年薬学会老年薬学認定薬剤師

薬剤師募集

病院見学、インターンシップを随時受けています。
各種就職説明会に参加しています。

錦秀会人事部のサイトはこちら

各種お問い合わせ

072-295-2888

外来

診療受付時間
月〜金 8:30〜11:30 (祝祭日を除く)
診療時間
月〜金 9:00〜12:00 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

医療法人錦秀会 阪和第二泉北病院

〒590-0106 大阪府堺市南区豊田1588番地1

072-295-2888

お問い合わせ

診療受付時間 月〜金 8:30〜11:30(祝祭日を除く)
外来診療時間 月~金 9:00~12:00(祝祭日を除く)
面会時間 13:00~19:00