MENU

診療科・部門 心臓血管センター

阪和記念病院心臓血管センターに通院されている患者さんへのお知らせ

当院では、心血管疾患に対するカテーテル治療記録を日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)が行っている症例登録システムに登録する事業に協力しています。 この学会主導の事業は、日本国内で行われた心血管カテーテル治療前後のカルテ情報をNational Clinical Databaseシステム(以下、NCD) (http://www.ncd.or.jp)に登録し、心血管カテーテル治療の発展とその質の向上に寄与することを目的としています。NCD内でサーバーより切り出されるデータは、生年月日や特定の個人を識別することができる項目が削除され、いわゆる「個人情報」は含まれません。また、原データに直接触れ解析を行う者はNCDおよびCVIT解析担当委員のみとし、データ取り扱い規約ならびに守秘義務の契約をNCDと締結しております。 患者さんにおかれましては趣旨をご理解の上、ご協力を賜りたいと考えています。ご質問がある場合、またはこの登録事業に「自分の情報を使ってほしくない」とお思いになりましたら、遠慮なく担当医または下記の担当者までご連絡ください。但し、すでに解析を終了している場合等、本データから情報を削除できない場合がありますのでご了承ください。
 
阪和記念病院 心臓血管センター長 河原田 修身

 

心臓血管センターの外来の特徴

当院心臓血管センターの循環器外来では、虚血性心血管疾患(狭心症・心筋梗塞・末梢動脈疾患など)、心不全、動静脈疾患、不整脈、成人病疾患(高血圧・脂質異常)など、あらゆる心臓血管疾患に幅広く対応できる体制を整え、それらの予防と早期発見・早期治療を行っております。
心臓血管疾患は一度発症すると再発率が高いという特徴があり、当センターでは、発症予防から診断・治療、再発防止までトータルな包括医療を提供いたします。

特に狭心症や心筋梗塞の虚血性心疾患における心筋虚血評価においては、ストレスエコー検査や負荷心電図などを使用した心機能評価と冠動脈CTや心臓MRIなどの画像診断を用いた形態学的評価を組み合わせて的確に評価し状態に応じた適切な治療を行っております。

また、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常などの生活習慣病や慢性腎臓病、睡眠時無呼吸症候群における虚血性疾患の全身スクリーニングや治療、2次予防も積極的に行っております。

他にも、成人先天性心疾患、睡眠時無呼吸症候群や肺高血圧症などの肺循環疾患や透析シャントPTA外来など心血管疾患に関連がある様々な疾患にも対応いたしております。

サンプル

足や手を救うための救肢センター

この度、当院心臓血管センター内に足や手を救うための救肢センターを設けることとなりました。より一層、患者様のご要望に沿った適切な治療を提供するために、環境を整え医師・職員が一丸となって邁進してまいります。

詳しくはこちらをご確認ください。

副院長のご挨拶

サンプル

阪和記念病院は従来、脳神経外科・透析科・循環器科に特化した医療を提供してきました。2011年夏に最新鋭の心臓カテーテル検査装置の導入、また2012年4月には心エコー検査装置も新しくなり、それを契機に循環器疾患診療を一段と強化することを目的に心臓血管センターを創設しました。
心血管疾患を専門とする循環器科の医師が新しく3名加わり、計6人体制で超急性期から慢性期に至るまで継続的に治療を行えるようになりました。対象疾患としては狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患はもとより、下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する血管形成術、さらには心臓弁膜症や心筋症に対する治療(僧帽弁狭窄症に対する経皮的僧房弁裂開術、肥大型閉塞性心筋症に対する経皮経中隔心筋焼却術など)も可能です。
一方、高齢化の影響から、また急性期の救命率の向上から慢性期の心不全患者が増加しています。
これらの症例にも薬物治療の適正化や心臓リハビリテーション科などと協力し包括的な対応を心がけています。
数年後には不整脈に対する電気生理学的検査・アブレーション治療もできるよう努力しています。
一例一例を大切にし、きめ細かく診断と治療を行っていくことで更なる発展を目指してまいります。

わからないことがあれば気軽にお尋ねください。

日中・夜間とも下記に連絡をいただければ対応いたします
  • 電話番号(日中・夜間とも)06-6696-5591(病院代表)
  • 地域医療連携室直通(午前9時~午後5時)06-6696-0105
  • 地域医療連携室直通FAX 06-6696-0106

心臓血管医療の概要について

概要 Outline

  • 病院(第二次救急指定病院)
  • 集中治療室(CCU/HCU/ICU)
  • リハビリテーション科(心臓リハビリテーション)併設

心臓血管医療の概要についてはこちらのPDFでご覧いただけます。

 

医療体制 Medical system

  • 救急受け入れ: 24時間、365日体制
  • 心臓(循環器系)疾患の専門スタッフによる緊急冠動脈インターベンション(24時間体制)
  • 外来:月曜日~金曜日まで毎日

 

医療設備 Medical facility

  • 除細動器
  • 自動体外式除細動器 (AED)
  • 人工呼吸器
  • 非侵襲的陽圧呼吸器 (NIPPV)
  • 在宅用陽圧呼吸器 (ASV/ CPAP)
  • 冠動脈・心臓・大血管CTスキャン
  • 心臓MRI (1.5T)

 

心血管検査 Cardiac Testing

  • 12誘導心電図、ホルター心電図
  • 運動負荷検査 (エルゴメーター、トレッドミル)
  • 超音波検査 (心臓エコー・頸動脈エコー・経食道心臓エコー・下肢動脈エコー・下肢静脈エコー・冠動脈エコー・腎臓ドップラーエコー・透析シャントエコー)
  • 運動負荷検査 (ドブタミン負荷エコー)
  • 血管内皮機能検査 (FMD)
  • 血圧脈波検査 (PWV/ABI)
  • ヘッドアップチルト検査
  • 睡眠障害検査 (簡易無呼吸検査)

 

インターベンション手技・治療 Intervention therapy

  • 心臓カテーテル検査 (CAG)
  • 血管内超音波検査 (IVUS)
  • 大動脈内バルーンポンピング (IABP)
  • 経皮的心肺補助装置 (PCPS)
  • 冠動脈形成術 (PCI)
  • 末梢動脈疾患 (PAD/ASO)に対する下肢動脈形成術(PTA)
  • 腎動脈形成術 (PTRA)
  • 僧帽弁狭窄症に対する経皮的僧帽弁裂開術 (PTMC)
  • 肥大型閉塞性心筋症に対する経皮的径中隔心筋焼却術(PTSMA)
  • 一時的・永久的ペースメーカー植え込み術 (PMI)
  • 下大静脈フィルター留置術 (IVC)
  • 心筋生検 (EMB)
  • 透析シャントPTA

 

心臓血管疾患に関する診療内容 Cardiovascular Scope of Services

心臓血管疾患は、診断、治療、リハビリから予防まで統合的な包括的アプローチが必要な病気です。

私どもは、それぞれの患者様のご要望に応じて効果的な心血管治療を行うため、幅広い専門知識、高度な技術および豊富な経験に基づきサポートいたします。

  • 心臓血管疾患予防とメンテナンス
  • 最先端技術の診断検査
  • インターベンション療法および治療
  • 心臓リハビリテーション・プログラム など

 

阪和記念病院における独自のサービス Unique Services

阪和記念病院では、独自のサービスを提供いたします。

救急隊(EMS)からの受け入れを一切お断りしない方針です。
24時間、365日 救急対応いたしております。

脳、心臓、腎臓、手足に至る全身の血管に関する包括治療を提供いたしております。
高齢化、生活習慣の欧米化などにより、脳動脈疾患(脳梗塞など)、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)、腎動脈疾患(腎硬化症)末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)が増えています。
これらの疾患は動脈硬化(動脈の壁にコレストロールがたまって、血管の壁が厚くなること)が原因で、それぞれの血管に動脈硬化が起こり、血管が狭くなったり、詰まったりして、血液の流れが悪くなる病気です。
動脈硬化は一部だけでなく全身血管の動脈硬化ですので、一つの病気だけでなく、同じ動脈硬化を原因とする狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの命にかかわる病気を合併することがよくあります。

当院ではこれらの全身動脈硬化疾患に対して、網羅的かつ包括的な医療を提供いたします。

これまでの経験だけに基づく医療から、臨床研究による実証(エビデンス)に基づく医療を基によりよい医療を提供いたします。

多様で質の高い医療サービスを提供いたしております。
効果的な検査・的確な診断・適切な治療を基本とした医療を提供いたします。

 

心血管エコーラボ発足にむけて

当院ではこれまで、脳神経外科、透析科、循環器科に特化した医療を提供してきました。三次救急病院として地域医療に貢献してきましたが、今年度循環器科の医師が新たに三名加わり、計六名体制で超急性期医療および循環器医療を充実すべく、心臓血管センターを創設いたしました。循環器専門医師が月曜から土曜まで毎日外来診療に当たっており、救急も24時間365日対応しております。

対象疾患としては、狭心症・急性心筋梗塞などの虚血性心疾患はもとより、下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管形成術、さらには心臓弁膜症や心筋症に対するカテーテル治療(経皮的僧帽弁裂開術、経皮的中隔心筋焼灼術)も行っております。カテーテル治療時にはエコーガイドも行っております。昨今注目を浴びている睡眠時無呼吸症候群に対しても診療を開始しました。現在集中治療室16床を有し、心臓リハビリテーション科も併設しており(リハビリテーション科20名)、充実した治療を目指しております。数年後には不整脈に対するアブレーション治療もできるよう努力しています。

昨年夏には最新鋭の心臓カテーテル検査装置の導入を行い、今年度4月より心エコー検査装置も新しくなり、また様々な救急や集中治療領域において迅速に対応すべくポータブルエコー機も新たに購入いたしました。循環器の救急エコーを専門とする循環器専門医師の参入により、これまで実施できていなかった全ての心血管系を精査できる体制を整えました。新たにレポーティングシステム、画像保存・チェックシステムの導入もいたしました。
この度、心血管エコーラボ発足に向けて、超音波検査技師の募集、受付の配置等働きかけを積極的に行っております。

下記検査をルーチンで医師指導のもと常時行っております

  • 経胸壁心エコー ・腹部血管エコー
  • 経食道心エコー ・腎動脈エコー
  • 冠動脈エコー ・下肢動静脈エコー
  • 運動負荷心エコー ・透析シャントエコー
  • 薬剤負荷心エコー ・血管内皮機能検査(FMD)
  • コントラスト心エコー ・腹部エコー
  • 頸動脈エコー ・甲状腺・副甲状腺エコー
  • 大動脈エコーなど

今後は3Dエコーも導入予定です。

サンプル
サンプル
 

超音波検査技師の募集

地域医療にさらに貢献すべく、是非一緒に心血管エコーラボを発足し、心臓血管センターをより充実したものにしていきましょう。

超音波検査に興味があり、やる気のある方(新卒の方含む)

  • 循環器科・他科問わずエコー経験者
  • 心血管系を含む全領域のエコーを網羅してみたい方

是非、面接あるいは見学に来てください!!
地域医療にさらに貢献すべく、是非一緒に心血管エコーラボを発足し、心臓血管センターをより充実したものにしていきましょう。

 

心臓血管センター 診療実績

心臓血管カテーテル検査

名称 23年度 24年度 25年度
冠動脈造影検査 104 101 208
下肢動脈造影 1 8 19
経皮的冠動脈形成術 26 14 23
皮的冠動脈ステント留置術 125 119 85
経皮的下肢動脈形成術 10 16 10
経皮的腎動脈形成術 0 0 1
経皮的透析シャント拡張術 0 2 3

 

心臓血管関連検査

名称 23年度 24年度 25年度
冠動脈CT検査(CCTA) 169 196 263
心臓超音波検査(UCG)   1,057 1,415
脈波検査(ABI)   202 639

 

心臓血管外科 転院・紹介 患者数

名称 23年度 24年度 25年度
心臓血管外科紹介患者総数 9 16 49

 

心臓血管センター 医師紹介

  • 副院長 橋村 一彦

    専門分野

    循環器内科全般(狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、末梢動脈疾患、心不全)

    経歴

    昭和59年
    大学医学部医学科卒業
    昭和59年
    香川医科大学循環器内科 研修医
    昭和62年
    大阪府立病院心臓センター内科勤務
    平成元年
    大阪警察病院心臓センター内科勤務(副医長)
    平成3年
    医真会八尾総合病院心臓センター内科勤務(医長)
    平成11年
    豪州Baker Medical Research Institute 研究員
    平成14年
    国立循環器病研究センター心臓血管内科勤務
    平成18年
    同上 医長
    平成22年
    八尾市立病院 内科部長
    平成24年
    阪和記念病院心臓血管センター センター長
    平成26年
    阪和記念病院 副院長 に就任
    現在に至る

    学会活動等

    日本内科学会、循環器学会 急性心不全ガイドライン作成協力員、日本循環器学会 性差医療ガイドライン作成協力員、日本心不全学会評議員、日本心臓病学会

  • センター長河原田 修身

    専門分野

    心臓病(狭心症、心筋梗塞、心不全など)や血管病(閉塞性動脈硬化症、バージャー病など)
    冠動脈や全身血管のカテーテル治療 手足の難治性潰瘍壊死に対する集学的治療

    経歴

    平成9年
    広島大学医学部医学科卒業
    岸和田徳洲会病院 研修医
    岸和田徳洲会病院 循環器内科医員
    岸和田徳洲会病院 循環器内科医長
    平成23年1月
    スタンフォード大学医学部 心臓血管内科フェロー
    平成24年4月
    医療法人 康仁会 西の京病院
    平成26年12月
    国立循環器病研究センター 心臓血管内科医長 心臓血管内科部長
    平成30年3月
    国立循環器病研究センター 心臓血管内科主任医長
    兵庫医科大学 循環器内科非常勤講師
    医療法人育和会 育和会記念病院 循環器内科部長
    国立循環器病研究センター 心臓血管内科客員部長
    令和1年11月
    阪和記念病院  心臓血管センター長 現在に至る

    学会活動等

    日本内科学会 総合内科専門医
    日本循環器学会 専門医、近畿支部評議員
    日本心血管インターベンション治療学会 専門医、専門医制度審議会委員、編集委員会委員、近畿支部運営委員
    日本脈管学会 専門医、評議員
    日本心血管脳卒中学会 評議員
    日本フットケア・足病医学会 評議員
    身体障害者指定医(心臓機能障害)
    難病指定医
    厚生労働省 臨床研修指導医
    日本循環器学会 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン 協力員
    Journal of Endovascular Therapy, Editorial board
    Cardiovascular Intervention and Therapeutics, Associate editor
    International Society of Endovascular Specialists アジア支部代表、日本支部代表

  • 循環器内科医長 兼 人工透析科部長中川 隆文

    専門分野

    循環器内科全般(心不全、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、大動脈疾患、末梢動脈疾患など)

    経歴

    2000年
    大学卒業
    2000年
    大阪医科大学附属病院 勤務
    2001年
    三世会河内総合病院 勤務
    2003年
    八尾市立病院 勤務
    2010年
    八尾市立病院 勤務
    2014年
    錦秀会 阪和記念病院 医長
    2015年
    阪和記念病院 人工透析科 部長
    現在に至る

    学会活動等

    日本循環器学会 専門医、日本内科学会 認定医

  • 非常勤医師木田 公裕

    専門分野

    循環器全般

    経歴

    平成20年
    大学医学部医学科卒業
    平成20年
    関西医科大学医学部付属枚方病院 研修
    平成22年
    独立法人国立循環器病研究センター 心臓血管内科 勤務
    平成25年
    阪和記念病院 心臓血管センター 内科
    現在に至る

    学会活動等

    日本内科学会、日本循環器病学会

 

心臓血管リハビリテーション

心筋梗塞、狭心症、心不全などの循環器疾患の患者様は「安静にしておかないと…」と思われがちです。しかし、早期から体の状態にあった適度な運動をすることにより様々な恩恵があるとされています。また、治療により症状が改善しても、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満などの冠動脈危険因子が改善しないかぎり心臓病を再発する可能性が高くなります。適度な運動は危険因子の改善にもかなり有効です。

 

対象疾患

対象となる疾患は、狭心症、心筋梗塞、開胸術後(冠動脈バイパス術など)、大血管疾患(大動脈瘤や大動脈解離)、慢性心不全、閉塞性動脈硬化症などです。

 

心臓リハビリテーションとは…?

心臓リハビリテーションは以下のように定義されています。
「医学的な評価、運動処方、冠動脈危険因子の是正、教育およびカウンセリングからなる長期にわたる包括的なプログラムであり、このプログラムは、個々の患者の心疾患に基づく身体的・精神的影響をできるだけ軽減し、突然死や再梗塞のリスクを是正し、症状を調整し、動脈硬化の過程を抑制あるいは逆転させ、心理社会的ならびに職業的状況を改善すること。」
米国医療政策研究局(AHCPR)の臨床診療ガイドライン(1995)より抜粋
心臓リハビリテーションは運動療法のみならず多面的なアプローチが必要とされています。

 

心臓リハビリテーションは大きく3つの時期に区分されます

急性期
  • 合併症の予防に努め、日常生活自立を目標にする時期
回復期
  • 積極的な体力向上と再発防止に努め社会復帰を目標にする時期
維持期
  • 生涯にわたり運動療法などを取り組み、快適な生活を行うことを目標にする時期

当院では主に急性期を担当しています。近年は医療技術の進歩により早期離床が可能となりましたが、常に安全確認を怠らず日常生活自立や体力向上、再発予防を目的とした運動療法を実施しています。

 

心臓リハビリテーションの効果

  • 心臓や肺の機能がよくなり、体力がつき楽に動けるようになります。
  • 筋肉や骨も鍛えられます。特に足は「第二の心臓」といわれ、心臓のはたらきを助けます。
  • 動脈硬化の進展を妨げ、さらに動脈硬化の元になる危険因子(糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満)が軽くなります。
  • 自律神経機能や血管内皮機能(血管が自分で広がる能力)がよくなるとともに、血栓ができにくくなります。
  • 不整脈が減ります。
  • 心筋梗塞の再発や突然死が減り、死亡率が減少します。

心臓リハビリテーションを行うことにより、楽で安全に動作をおこなえるようになり、再発を防ぐことができます。

当院での心臓リハビリテーション
サンプル
サンプル
サンプル

 

一般的に、運動の内容としては以下のような内容が行われます

運動の種類
  • 歩行や軽いジョギング、自転車こぎなどの有酸素運動が基本です。
運動の強さ
  • 「ややきつい」と感じる程度、軽く息がはずみ汗ばむ程度の強さです。
運動の時間
  • 30分~60分です。15分~30分程度の運動を2回に分けてもかまいません。
運動の頻度
  • できれば毎日、週3回以上必要です。

運動の方法などでわからないことや不安などあれば一度ご相談ください。当院に受診していただいた患者様が一日でも早く、そして一人でも多く充実した日々を過ごせるよう全力でサポートさせていただきます。

サンプル
サンプル

各種お問い合わせ

06-6696-5591

受付時間
月〜土 9:00~17:15 (祝祭日を除く)

外来診療受付

受付時間
月〜金 8:30~16:30 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

  • 診療受付時間
    【診療時間】 月~金 9:00~17:00
    【受付時間】 月~金 8:30~16:30
  • お見舞いの方:面会時間
    【平日】 15:00~19:00
    【休日】 13:00~19:00

大阪市住吉区苅田7丁目11番11号

TEL06-6696-5591

FAX06-6607-1993

カーナビゲーションシステムをご利用になって当院へご来院される際には、必ず住所検索を用いてください。電話番号検索をご利用になると当院とは別の場所へ案内されてしまうおそれがあります。