MENU

診療科・部門 心臓血管センター

不整脈 Abnormal Cardiac Rhythm

心臓ペースメーカーと刺激伝導系

私達の心臓では、洞結節で生じた電気的興奮が心房筋に伝わり心房を収縮させます。
また、心房からの電気的興奮は 房室結節 → ヒス束 → プルキンエ線維 と呼ばれる特殊な心筋を通って、心室筋に伝わり心室が収縮します。これらの特殊心筋の経路を「刺激伝導系」といいます。
こうして、心房と心室が秩序正しく順番に収縮することで、血液を送り出すポンプ活動が行われます。
つまり、洞結節はリズミカルな信号をつくる“自然のペースメーカー”の役割を果たし、洞結節から房室結節を経て、プルキンエ線維に至るまでの「刺激伝導系」は、この信号を伝える“電線”のような役割を果たしているのです。

図:心臓ペースメーカー(洞結節)と刺激伝導系

図:心臓ペースメーカー(洞結節)と刺激伝導系

 

不整脈とは…?

脈が定期的に打たない、あるいは洞結節という心臓のペースメーカーからの電気的刺激によって通常の経路(刺激伝導系)で心拍が打たれない疾患を指します。

心電図:心房細動の症例  心拍数が早く不整であることがわかる

心電図:心房細動の症例  心拍数が早く不整であることがわかる

 

症状および必要な検査

脈の速くなるドキドキするような不整脈や、期外収縮のような胸部の不快感、ズキン/ドキン/ドクドク等のような胸部症状を自覚するような脈が飛ぶもの、気が遠くなったり、失神を認めることのある徐脈性不整脈があります。これらの症状を自覚した場合にはまず12誘導心電図や24時間心電図を撮ることにより多くの場合診断が可能です。器質的な異常の有無について他の検査でチェックする必要があります。精密検査が必要な場合は電気生理学的検査というカテーテルを用いた検査を行います。

 

治療

各種疾患により治療法は異なりますが、頻脈性不整脈の場合は抗不整脈の投与を行い、無効な場合はカテーテル治療を行います。突然死を防ぐために電気的除細動の行えるICDというペースメーカーの埋め込みが必要になる場合があります。徐脈性不整脈の場合はペースメーカー治療が必要になります。頻脈にも徐脈にもなりうる、加齢とともに増加する心房細動は脳梗塞の原因になるため抗凝固療法が必要になります。

各種お問い合わせ

06-6696-5591

受付時間
月〜土 9:00~17:15 (祝祭日を除く)

外来診療受付

受付時間
月〜金 8:30~16:30 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

  • 診療受付時間
    【診療時間】 月~金 9:00~17:00
    【受付時間】 月~金 8:30~16:30
  • お見舞いの方:面会時間
    【平日】 15:00~19:00
    【休日】 13:00~19:00

大阪市住吉区苅田7丁目11番11号

TEL06-6696-5591

FAX06-6607-1993

カーナビゲーションシステムをご利用になって当院へご来院される際には、必ず住所検索を用いてください。電話番号検索をご利用になると当院とは別の場所へ案内されてしまうおそれがあります。