MENU

診療科・部門 心臓血管センター

心臓弁膜症 Valvular Heart Disease

図1. 正常心臓の横断面(拡張期と収縮期)

図1. 正常心臓の横断面(拡張期と収縮期)

心臓には4つの弁があります。各々の弁は、心臓が収縮・拡張する際に強調して働いています。拡張期には、僧帽弁・三尖弁が解放し、大動脈弁・肺動脈弁は閉鎖します。一方、収縮期には僧帽弁・三尖弁が閉鎖し、大動脈弁・肺動脈弁が解放します。

 

図2. 病的心臓の横断面(連合弁膜症:僧房弁狭窄症と大動脈弁狭窄症)

図2. 病的心臓の横断面(連合弁膜症:僧房弁狭窄症と大動脈弁狭窄症)

心臓弁膜症とは種々の原因によって心臓の弁の作用が障害されると心臓がポンプとして十分な機能を発揮することができなくなり最終的には心不全に陥ります。
心臓には四つの弁があり、各々の弁は血液が逆流しないように閉鎖します(図1参照)が、この閉鎖が障害されると閉鎖不全、逆にうまく開かない場合を狭窄(きょうさく)と呼びます。2箇所以上の弁が障害されたものを連合弁膜症と呼びます。

特に、左心室の入り口の僧帽弁、出口の大動脈弁が障害されることがほとんどです(図2参照)。

 

図3. 大動脈弁狭窄とそれにより生じる心筋への影響

図3. 大動脈弁狭窄とそれにより生じる心筋への影響

原因としては過去にはリウマチ性や変性のよるものが多かったのですが、最近は高齢化に伴い動脈硬化性のもの(主に大動脈弁)が増加しています。また一部には先天性のものもみられます。
症状としては心不全症状が出現します。すなわち進行性の運動時の動悸・息切れや重症化すると呼吸困難、全身の浮腫(むくみ)、腹水などが出現します(図3参照)。
診断は比較的容易で心雑音の聴取、胸部X線検査に加えて心エコー検査が有用で重症度まで正確に判断できます。
治療としては軽症であれば特別な治療は必要ありませんが、心不全症状があれば強心薬や利尿薬などの薬物治療が必要になります。逆流や狭窄が高度になりますと外科手術(弁置換術、弁形成術)が必要になりますが、一部の弁膜症に対してはカテーテルによる治療(僧帽弁狭窄症に対する経皮的僧帽弁裂開術など)も可能です。

 

図4. 弁膜症に対するバルーン・カテーテル治療 左図:肺動脈弁狭窄症に対する経皮的肺動脈弁裂開術(順行性アプローチの例) 右図:大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁裂開術(逆行性アプローチの例)

図4. 弁膜症に対するバルーン・カテーテル治療

左図:肺動脈弁狭窄症に対する経皮的肺動脈弁裂開術(順行性アプローチの例)
右図:大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁裂開術(逆行性アプローチの例)

各種お問い合わせ

06-6696-5591

受付時間
月〜土 9:00~17:15 (祝祭日を除く)

外来診療受付

受付時間
月〜金 8:30~16:30 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

  • 診療受付時間
    【診療時間】 月~金 9:00~17:00
    【受付時間】 月~金 8:30~16:30
  • お見舞いの方:面会時間
    【平日】 15:00~19:00
    【休日】 13:00~19:00

大阪市住吉区苅田7丁目11番11号

TEL06-6696-5591

FAX06-6607-1993

カーナビゲーションシステムをご利用になって当院へご来院される際には、必ず住所検索を用いてください。電話番号検索をご利用になると当院とは別の場所へ案内されてしまうおそれがあります。