MENU

診療科・部門 心臓血管センター

大動脈内バルーンパンピング術 IABP

大動脈内バルーンパンピング法

Intra Aortic Balloon Pumping;IABP

補助循環とは

心臓は全身の血液を循環させるためのポンプ作用をもっています。しかし、その作用が不可能となった重篤な心不全の患者様に対し、自己の心機能が回復するまでの間、心臓のポンプ機能や肺機能を代行・補助し、心機能の回復を待つ方法を補助循環といいます。

図:心臓ポンプ作用と全身・肺循環の関係

図:心臓ポンプ作用と全身・肺循環の関係

 

大動脈バルーンパンピング法(IABP)とは

心臓の働きを助ける補助循環法の一種です。急性心筋梗塞などの重症冠動脈疾患や心不全症例において、バルーン(風船)のついた大動脈内カテーテルを心臓に近い大動脈に留置し、心臓の動きに合わせてバルーンを拡張・収縮させることで心臓の働きを助けることが可能になります。

具体的には、バルーン付きのカテーテルを大腿動脈(または上腕動脈)から胸部下行大動脈内に留置します。心電図や血圧を外部駆動装置に入力し心臓の周期を把握します。外部駆動装置を用いてヘリウムガスにて心臓の拡張期にバルーンを拡張し、収縮期にバルーンを収縮させる補助循環システムです。1日に約10~15万回拡張・収縮を繰り返します。日本では年間約15,000例~17,000例使用されています。

図:IABPバルーンカテーテルの挿入部位・留置場所(左)と外部駆動装置(右)

図:IABPバルーンカテーテルの挿入部位・留置場所(左)と外部駆動装置(右)

 

IABPの効果

心臓に栄養を運んでいる冠状動脈は、大動脈基部から心臓の表面を走行しています。
心臓が拡張している間、大動脈から血液は冠状動脈へと流れます。大動脈バルーンパンピング法では、拡張期にバルーンが膨らむこと(インフレーション)で逆流する血液が増えて冠状動脈への血流が改善し、心臓が酸欠状態となるのを防ぎます。
また、心臓が収縮するときにバルーンが閉じること(デフレーション)で、大動脈には急激な陰圧がかかります。この陰圧により、血液は心臓から全身へと楽に引き出され、心臓の負担を減らして血液を押し出す機能を助けます。補助効果は約20%です。

図:IABPの効果 拡張期(左)と収縮期(右)

図:IABPの効果 拡張期(左)と収縮期(右)

例えると、小さい力のない子供が重い扉を開けるのは難しいですが、子供がドアを押すときに誰かが反対側からドアを引いてあげればドアを開けることができます。逆に子供がドアを引くときに誰かが押してあげればドアを閉じることができます。力のない子供が病気になった心臓で、誰かがIABPになります。

 

IABPの適応

  • 急性心筋梗塞
  • 虚血性心疾患
  • 心原性ショック
  • 体外循環離脱困難
  • 術後低心拍出量症候群 (LOS)
  • 内科的治療に反応しない不安定狭心症
  • PTCA(冠動脈血管形成術)および心臓カテーテル施行時の血行動態補助
  • CABG(冠動脈バイパス術)前

 

IABPの合併症

これまでに以下の合併症が報告されています。
  • バルーン挿入側下位の重篤な下肢虚血
  • 重篤な動脈壁の損傷・穿孔
  • 動脈解離・仮性動脈解離
  • 血塞栓
  • 感染
  • 重篤な出血・血腫
  • バルーン破裂によるガス塞栓
  • バルーンのビンホールによるバルーン内凝血塊形成
  • 血小板減少、溶血、脊髄乏血、内臓の乏血、ニューロパチーなど

こちらは、患者様用に作成した「大動脈内バルーンパンピング術」のパンフレットです。ご参照ください。

各種お問い合わせ

06-6696-5591

受付時間
月〜土 9:00~17:15 (祝祭日を除く)

外来診療受付

受付時間
月〜金 8:30~16:30 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

  • 診療受付時間
    【診療時間】 月~金 9:00~17:00
    【受付時間】 月~金 8:30~16:30
  • お見舞いの方:面会時間
    【平日】 15:00~19:00
    【休日】 13:00~19:00

大阪市住吉区苅田7丁目11番11号

TEL06-6696-5591

FAX06-6607-1993

カーナビゲーションシステムをご利用になって当院へご来院される際には、必ず住所検索を用いてください。電話番号検索をご利用になると当院とは別の場所へ案内されてしまうおそれがあります。