MENU

診療科・部門 看護部門

看護部門

阪和記念病院 看護部長 笹倉清美

阪和記念病院 看護部は医療法人錦秀会の「やさしく生命(いのち)をまもる」という理念の下、いつも患者様や家族様に寄り添える「思いやり」の心を大切に看護を提供させていただいています。
患者様の未来を想像し今必要なケアを考えて実践することを目指しています。

 

阪和記念病院 看護部の理念

  • 安心し信頼できる心のこもった温かい看護の提供を目指します

 

阪和記念病院 看護部の方針

  • 患者様の立場にたって患者様と共に考えます
  • 安全で安楽な看護ケアの提供に努めます
  • 業務改善や工夫に努め、知識・技術の向上に努めます
  • 教育的姿勢を持ち、相互学習・自己研鑽に努めます
  • 地域社会に関心を持ち、地域のニーズに応える看護の実践に努めます

 

集中治療室

当院でのICU・HCUのベッド数は、ICUが2床(看護体制2:1)・HCUが16床(看護体制4:1)です。当院は三次救急指定病院で、救急外来や一般外来で手術や心臓カテーテル検査で血管内治療が必要となり入院になった場合や、一般病棟で症状が悪化した場合など症状に応じて入院・治療する病棟です。年齢や性別に関係なく、患者様の受け入れを24時間体制で行っています。様々な監視モニターや点滴ライン、人工呼吸器、循環器科として、IABP、PCPS等の機械類に囲まれて、患者様にとっては特殊な環境です。チームナーシングの強化により統一した看護、エビデンスに基づいた確実な看護を提供し、機械的な処置に終わることなく、集中治療の厳しい現場でも患者様中心の看護を行っていきたいと思っています。突然発症したことにより、緊急入院される患者様ばかりなので、患者様や家族様の不安が大きいため安全の確保に注意し、丁寧な対応を心がけ安心して治療に専念して頂ける環境を提供できるよう看護ケアを行っています。また、不安を取り除けるようベッドサイドでの看護を心がけています。

サンプル

 

主な対象の重篤患者様

  • 急性心筋梗塞、不安定狭心症、急性心不全などの心臓血管疾患を抱える重篤患者
  • 脳卒中(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)などの脳血管疾患を抱える重篤患者
  • 急性腎不全、慢性腎不全急性増悪などの腎臓疾患を抱える重篤患者
  • その他、敗血症、肺炎、DICなどの重篤患者

 

面会時間

ご家族の面会時間は下記時間帯となっております
  • 11:30~12:30、18:30~19:00

 

スタッフ人数

ICU
  • 看護師8人
HCU
  • 看護師27人 看護助手1人 事務1人
  • 河部係長

    集中治療室は「患者様、ご家族の方に安心・安全・満足できる看護を提供します。」を目標としています。突然の発症で緊急手術や検査で入院される方が多く来られるため、自らの家族に接するような思いやりの心や丁寧な説明や対応を行うことで安心してより良い治療、看護を受けられるようスタッフ一同取り組んでいます。また錦秀会グループの院内・外研修もあり、段階別クリニカルラダーに沿って研修も参加することで充実した研修が受けられます。

  • 松永係長

    常に命と直結する集中治療室での看護は毎日大変であり、忙しくもありますが、急性期ならではの知識や技術を学ぶことが出来るので、とてもやりがいのある仕事です。命の尊さを学び、振り返りながら、患者様・家族様が安心して治療や看護が受けられるようスタッフと共に力を合わせて頑張っています。また、3年前より当院でもクリニカルラダーを導入し個々のレベルに沿った勉強が出来るとともに、目標・課題が明確化することで、一人一人の看護実践能力を高める教育的支援ができるようになりました。とても充実した研修が受けられます。

  • 井上(洋)主任

    ICUでは、ベッドサイドでの申し送りを徹底しており、人工呼吸器の作動状態をはじめ、輸液ポンプやシリンジポンプの流量設定に対しても、指差し呼称しながら引き継ぎしており、安全な看護の提供と事故防止に取り組んでいます。私は、救急看護に興味があり当院に入職してから早くも12年が経過しました。このことは、救急治療に関わる事ができ、また治療を受けた患者様が回復されて行く過程を、まのあたりに実感出来ることが一番の理由であります。これからもスタッフと共にパートナーシップを十分発揮し、患者様や家族様に安寧な看護が提供できるよう、弛まぬ努力を継続して行きます。

  • 風間主任

    集中治療室にご入院される患者様・家族様は、突然の病気の発症に様々な不安抱えてらっしゃると思います。私達スタッフ一同は、分かりやすく丁寧な説明を心掛け、少しでもその不安の軽減となるように真心を込めて、専門的な治療を受けられるようにサポートいたします。看護教育に関しては、系列病院を持つメリットから様々な専門分野について学べるようにカリキュラムが組まれており、院内外の研修も充実しております。また、保育所もあり、出産後の仕事復帰もスムーズで、私自身も3人の子育てをしながら、仕事をすることができています。

    • 森本主任

      病気や手術の影響で体力がおちると、免疫が低下し細菌やウイルスに感染しやすくなります。療養中は口の中を清潔にして、細菌やウイルスの増殖をおさえ感染症を予防する必要があります。当院では患者様により良い医療を提供できるよう、歯科衛生士が中心となり病院全体で口腔ケアに取り組んでいます。当院の歯科衛生士業務は、お口のチェック・健康相談、専門的口腔ケア、職員教育です。お口のことで気になることがあれば、歯科衛生士にご相談ください。

 

集中治療室のご紹介

HCU内のベッド

HCU内は中心に医師・看護スタッフルームが配置されており、常に患者様の各ベッドが一望できるように設定されています。各ベッドは24時間体制で管理されております。
処置などの必要時には、各ベッド周りのプライベートカーテンにて外部とは完全遮断され、各患者様のプライベートも守られています。
また、HCU内には個室ベッドも数個確保しており、感染症などの疑いがある患者様は個室管理で対応し、院内感染予防に努めております。

毎朝のHCU循環器回診

HCUでは、毎朝、循環器や脳神経外科による各部署での回診があります。
主治医を中心に患者様の状態・経過説明があり、その日の予定や今後の方針などについてきめ細やかに話し合います。

  • HCUのスタッフルームの風景

    HCUのスタッフルームの風景

  • HCU内のベッド

    HCU内のベッド

  • HCUの広大なスペース

    HCUの広大なスペース

  • 2時間毎のバイタルチェック

    2時間毎のバイタルチェック

  • 神経学的所見の経過観察

    神経学的所見の経過観察

緊急時には冷静にてきぱきと落ち着いて、普段は仲よくなごやかに、毎日忙しいですが大変充実した毎日を過ごしております。

 

阪和記念病院看護部教育プログラムについて

阪和記念病院では看護師がより質の高い看護の提供を目指し段階的な教育制度を実施しています。
新卒の入職者からリーダークラスに至るまで、細やかな教育プログラムと「愛情」をもってひとりひとり大事に育てます。
「入職したが誰も教えてくれない。」
「何をしていいのかわからない。」
「相談する人がいない。」
などの心配はありません。
一緒に働く看護師が誇りをもってより高い成長を目指すことが、ご本人にとっても、病院にとっても多くの実りを得ることになり、これが患者様・ご利用者様にとって最大の安心を提供することになると考えています。
また、平成26年度より地域の医療機関の新人看護職員を受入一緒に研修できる体制づくりをいたしました。
下記プログラムに添って計画を予定しておりますので、皆様の参加をお待ちしております。

新人看護職員研修申し込み用紙をFAXにて下記までお送り下さい。
新人看護職員研修申し込み用紙はこちら

FAX 06-6607-1993

宛先:研修責任者 笹倉

 

教育のステップアップ

平成31年度教育計画の詳細はこちら

H26年9月の卒III研修の様子

 

 

阪和記念病院はこんな看護師さんを待ってます

  • 救急看護に興味のある方
  • 専門分野を目指しキャリアアップをはかりたい方
  • 温かく感じる心や考える力を持ち、素直な気持ちで前向きに人の意見を聞き入れることのできる方

応募フォームはこちら

各種お問い合わせ

06-6696-5591

受付時間
月〜土 9:00~17:15 (祝祭日を除く)

外来診療受付

受付時間
月〜金 8:30~16:30 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

  • 診療受付時間
    【診療時間】 月~金 9:00~17:00
    【受付時間】 月~金 8:30~16:30
  • お見舞いの方:面会時間
    【平日】 15:00~19:00
    【休日】 13:00~19:00

大阪市住吉区苅田7丁目11番11号

TEL06-6696-5591

FAX06-6607-1993

カーナビゲーションシステムをご利用になって当院へご来院される際には、必ず住所検索を用いてください。電話番号検索をご利用になると当院とは別の場所へ案内されてしまうおそれがあります。