MENU

診療科・部門 各肝臓検査の特徴

肝臓癌に対するラジオ波焼灼療法 (RFA)

肝臓癌に対するラジオ波焼灼療法 (RFA)
  • 電極を病巣に挿入し、460KHzのラジオ波で加熱し、癌を凝固壊死に陥らせる方法
  • 1回の焼灼で約3cm範囲の壊死(エタノール注入療法に比べて確実な壊死、マイクロ波治療よりも広い範囲の壊死)が得られる
  • 少ない治療回数と短い入院期間で治療できる
  • エタノール注入療法に比べ局所再発率、生存期間いずれも優る

肝癌に対する経カテーテル的肝動脈化学塞栓術(TACE)

肝癌に対する経カテーテル的肝動脈化学塞栓術(TACE)

より確実なラジオ波治療を目指して

通常エコーの問題点
  • 肝表面、肺に接する病変などエコーで描出不良となる例がある。
  • CTでよく見えるが、エコーで見えにくい腫瘍もある。

対策

フュージョン対応エコーで三次元CT画像と対比しながら治療を施行

フュージョン対応エコーで三次元CT画像と対比しながら治療を施行

人工胸水法を用いたラジオ波治療

利点

  1. 通常エコーで見えない病変を描出できる。
  2. 多くの穿刺経路が確保でき、安全に治療できる。
人工胸水法を用いたラジオ波治療

人工胸水法の積極的な活用

人工胸水法の積極的な活用

利点

  1. 通常エコーで見えない病変を描出できる。
  2. より多くの穿刺経路が確保でき、安全に治療できる。
  3. 他臓器(肺,消化管,胆嚢,腎臓)の損傷を回避できる。

人工腹水法

人工腹水法

ラジオ波治療(低侵襲治療)は患者さんの高齢化にも対応

ラジオ波治療のメリット

  1. 短い入院期間で治療できる
  2. 局所再発率も低く、治療効果は確実
  3. 合併症は、従来法と比べ問題ない(重篤な合併症を念頭に対処)
  4. 転移性肝癌にも適応を拡大
ラジオ波治療のメリット

多発性肝のう胞に対するエタノール注入療法

多発性肝のう胞に対するエタノール注入療法
  • 症状の原因となる肝のう胞を選択して治療。
  • エタノール注入療法により肝のう胞は縮小。
  • 胃の圧排は解除され、腹満感、食欲不振など症状は消失。
  • 初診・再診:受付時間
    【月~金】
    午前8時30分 ~ 午前11時30分
    午後12時30分 ~ 午後4時
    【土】午前8時30分 ~ 午前11時30分
  • お見舞いの方:面会時間
    【月~土】
    午後3時 ~ 午後7時
    【日・祝】
    午後1時 ~ 午後7時

〒558-0041 大阪府大阪市住吉区南住吉3-2-9

TEL06-6692-1001