MENU

外来で来られる方へVistor

歯科口腔外科Dental surgery

歯科口腔外科とは 口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる疾患を扱う診療科です。
最も多くおこなわれている外来手術は「親知らず」の抜歯などです。
この領域の異常は、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的(見た目)な障害も生じます。
事故やスポーツなどの外傷、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口腔心身症などの内科的疾患も含まれます。治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。そのお手伝いをするのが歯科口腔外科です。

歯科口腔外科
歯科口腔外科
歯科口腔外科

診療内容

  • ・当科では、大阪大学口腔外科学第一教室の関連病院として連携を行い、全歯科医師が同医局出身者で構成されており、歯の治療だけでなく、お口のなか全体の治療を行っております。
  • ・口が開けづらい、顎が痛い、顔が腫れている、口の中にできものがある、お口が渇く、舌の痛み、等の症状がある方はご相談ください。
  • ・おやしらず・埋伏歯の抜歯、顎関節症、顎骨のう胞(顎の骨の中にできる袋)、歯の外傷などの治療や糖尿病、高血圧、心臓病などがある患者様の歯科治療も積極的に行っております。
  • ・当院ではCT、MRI、超音波検査、血液検査、病理検査、細菌検査など必要に応じて迅速に検査を行うことが可能です。
  • ・清潔、安全を心がけ、医療安全対策、院内感染防止対策を徹底しております。
歯科口腔外科 歯科口腔外科

 

全身麻酔下での外科手術について

・一度に多数歯を抜歯(親知らず4本一括抜歯)する必要のある方、治療に対して恐怖心がある方、嘔吐反射の強い方、外来小手術では対応困難な症例などの場合には一泊二日程度入院で全身麻酔下にて手術を行ない、術中の不安や不快事象を軽減し、術後の疼痛管理を行なっています。

全身麻酔で治療を受けられる患者様へ

事前予約 初診日 術前検査日(水) 入院日/手術日(水) 退院日 退院後

診察を受ける前は事前に予約をして頂きます。

・口腔内診察 ・パノラマ ・CT撮影(必要時)
・術前検査日 ・手術日 の相談

・血液検査 ・検尿 ・心電図 ・胸部レントゲン撮影
・医療福祉相談員との面談 ・薬剤師との面談
・麻酔科受診 ・他科受診(必要時)
※朝9時前に来ていただき、お昼頃までかかります。
※検査自体は1時間程度

手術当日入院の場合 朝9:30にお越しください。
※入院する病棟(A棟5階) は一般病棟ですが、

人工関節センターの患者様との相部屋になることもあります。
手術は午後からになります。

朝9時頃 外来診療室へ降りてきて頂きます。
処置部の診察を行います。
そこで異常がなければ退院して頂きます。
必要時、次回の予約をお取りします。

抜糸(当院で行う方のみ)
・受診が必要な場合

※初診当日に術前検査を行うことは、基本的には受け付けておりません。 術前検査、手術の曜日は水曜日となっています。

【患者様へ】

  • お体の不自由な方やご高齢の方、車イス、ベビーカー、階段の上り下りが大変な方にご利用いただけるようバリアフリーとなっておりますので安心してご来院下さい。
  • 当科では放射線量の少ない【デジタルレントゲンシステム】を採用していますので、従来型のフィルム現像タイプと比較すると、約7分の1程度の放射線量で撮影を行う事ができます。
  • 診察は予約制となっております。初診随時診察いたしますが、ご予約がない方は多少、待ち時間が発生する場合がございますので、事前にご連絡頂けますと幸いです。

【医療関係者の方へ】

  • 初診予約受付を行っております。ご紹介くださる場合はできるだけ事前連絡して頂き、紹介状を患者様にご持参頂けますと幸いと存じます。
  • ご予約いただいた場合、抜歯などの小手術であれば、初診当日に外来手術を受けて頂く事も可能です(全身、局所の状態によっては当日手術ができない場合もございます)

自己血液による再生治療 “CGF”

当院では患者様ご自身の血液により作製した“CGF”を利用した再生医療を行なっています。CGFによる再生治療は法律に基づき厚生労働省により認定された施設でのみ行うことが出来る再生療法です。

CGFとは

CGFとは「Concentrated Growth Factor」の略で傷の治りを促進させる血小板や、成長因子が豊富に含まれたフィブリンをゲル状にしたもので、完全に自分の血液だけで作製したものです。添加物も一切含まないので感染リスクも低減されます。

CGFの効果

・外科処置後の痛み・腫れを軽減します。

・抜歯後の穴などにCGFを入れる事により歯肉の再生を促し傷の治りを促進させます。

・血液を固める作用を含むため、優れた止血効果があります。 

CGFの作製方法

当院では患者さんの静脈(主に腕の静脈)から採血を行い、遠心分離機を用いてCGFを作製します。

  • サンプル

    1.採血 必要量を採血します。

  • サンプル

    2.遠心分離 採血管を遠心分離器にセットし分離・濃縮します。

  • サンプル

    3.完成 作成されたCGFを治療に用います。

Q&A

どのような処置に使用しますか?
基本的には入院での口腔外科治療に用います。
CGFが出来上がるまでどれくらい時間がかかりますか?
採血からCGF作成までにかかる時間はおよそ15~20分程です。
どのくらいの血液を採血しますか?
必要に応じて20~40cc(採血管2~4本程度)を採血します。
費用はどのくらいかかりますか?
CGFの治療に関しての費用は頂いておりません。
CGFを治療で使用できない場合はありますか?
患者様の既往歴や服用薬によっては、使用が難しい場合もあります。 質問がありましたら歯科医師にお尋ねください。

各種お問い合わせ

072-277-1401

受付時間
月〜土 9:30〜17:00 (祝祭日を除く)

外来診療受付

受付時間
月〜金 8:30〜11:00 (祝祭日を除く)

診療科別の受付時間はこちら

医療法人錦秀会 阪和第二泉北病院

〒599-8271 大阪府堺市中区深井北町3176番地

072-277-1401

お問い合わせ

受付時間 月〜土 9:00〜17:00(祝祭日を除く)
外来診療受付時間 月~金 8:30~11:30(祝祭日を除く)