MENU

新着情報 NEWS

その他

春の味覚 ~たけのこ御飯~ - 栄養部 - 2021.4.16

4月16日夕食に春の味覚の行事食として、たけのこ御飯を提供しました。
今年は桜の開花も早かったですが、たけのこが出回るのも早いようで、例年より10日ほど早く生のたけのこを使用することができました。

 

たけのこの水煮パックのものは年中手に入りますが、旬である3~4月はスーパーでも生のたけのこを買うことができます。朝に採れたての新鮮なたけのこは味も食感も格別なので、下処理が手間にはなりますが生のたけのこもぜひお試しください。

○たけのこ御飯
○鰆の木の芽焼き
○出し巻き卵
○れんこんのきんぴら
○カリフラワーの酢の物
○大根のあんかけ

 

■生のたけのこのアク抜き

①泥を落とし、かたい皮を2~3枚はがす。穂先5~6cmを斜めに落とす。
②火の通りをよくするために先端の皮の厚みだけに縦に1本切れ目を入れる。根元のゴツゴツした部分をそぎ落とす。
③水10カップに対して米ぬか1カップを加え、たけのこ全体が水をかぶるように鍋に入れる。たけのこが浮き上がらないように落とし蓋や平皿をかぶせる。40~60分ゆでる。
④火を止めたら鍋に入れたまま冷めるまで待つ。冷めたら皮をむいて、ぬかを洗い流す。保存する場合はタッパーなどに入れ冷水につけて冷蔵庫で保存する。
※米ぬかが手に入らない場合には米のとぎ汁で代用して下さい。

 

一覧へ戻る

  • 初診・再診:受付時間
    【月~金】
    午前8時30分 ~ 午前11時30分
    午後12時30分 ~ 午後4時
    【土】午前8時30分 ~ 午前11時30分
  • お見舞いの方:面会時間
    【月~土】
    午後3時 ~ 午後7時
    【日・祝】
    午後1時 ~ 午後7時

〒558-0041 大阪府大阪市住吉区南住吉3-2-9

TEL06-6692-1001